秩父市セーフコミュニティ 「聞き書きマップ」を使って 子どもや高齢者の視点から秩父の市街地を安全点検(9月6日)開催予告

平成26年9月6日、秩父市セーフコミュニティ推進協議会(会長:秩父市長)が、当プロジェクトとの共同により、市街地の安全点検を実施します。インターナショナルセーフスクールの実施地区である「秩父第二中学校区」を中心に、明治大学や科学警察研究所等の協力を得ながら、『聞き書きマップ』を活用した現地調査を実施し、子どもと高齢者の視点から地域安全マップをワークショップ形式で作成します。

 『聞き書きマップ』とは、国の研究機関である科学警察研究所犯罪行動科学部(原田豊 部長)が自主防犯活動などを行っている方々のために開発したまち歩き記録作成支援ツールで、身近な地域の安全点検などのために行う「まち歩き」で気がついたことを現地で紙にメモするかわりに音声で録音しておき、あとでそれを「聞き書き」してパソコンのデータにするためのソフトウエアです。GPSによる位置情報を利用して、「聞き書き」した文字データを、現地で撮影した写真や歩いた経路のデータとともに、地図データの形で保存できるので、いつ・どこを歩いて、現地の状態がどうだったかを、誰にでも一目でわかる「まちあるき結果地図」として示すことができます。

今回は、明治大学理工学部都市計画研究室の山本俊哉教授と同研究室に所属する大学院生ら約25名が協力し、秩父市セーフコミュニティ対策委員会のメンバーとともに、『聞き書きマップ』を使って秩父市役所や花の木小学校、南小学校周辺を子どもや高齢者の視点から安全点検します。具体的には、7つの組(グループ)に分かれて、徒歩のほか、電動自転車や車いすに乗って、交通事故または転倒事故、犯罪からの安全点検マップを作成するとともに、それを踏まえて安全対策プログラムの課題を検討・発表します。

主催 秩父市セーフコミュニティ推進協議会
「国際基準の安全な学校・地域づくりに向けた協働活動支援」プロジェクトグループ
協力 明治大学理工学部 都市計画研究室
科学警察研究所 犯罪行動科学部
一般社団法人子ども安全まちづくりパートナーズ

当日のプログラム

  • 1.聞き書きマップを使った安全点検の趣旨説明(午後1時〜) 秩父市役所1階 研修室1
  • 2.7組に分かれてまちの安全点検(午後1時15分から約2時間)
  • 3.安全点検結果のまとめと課題検討(午後3時頃から) 秩父市役所1階 研修室1など
  • 4.安全点検結果発表会(午後4時から1時間) 秩父市役所5階 会議室

7組の編成 (  )内は点検対象地区

  • 1.犯罪からの子どもの安全(秩父第二中学校区)
  • 2.交通事故からの子どもの安全(花の木小学校区)
  • 3.交通事故からの子どもの安全(南小学校区)
  • 4.高齢者の自転車事故からの安全(秩父第二中学校区)
  • 5.車いすによる移動の自由(花の木小学校区)
  • 6.車いすによる移動の自由(南小学校区)
  • 7.高齢者健康歩きの安全(花の木小学校周辺)

関連記事