「まちの安全点検マップづくり」のレクチャー:和光市

日時

第1回目 2014年10月28日(火)10時〜12時
第2回目 2014年11月4日(火)10時〜12時
第3回目 2014年11月5日(水)10時〜12時

場所 和光市坂下公民館
講師

第1回目:重根美香(子ども安全まちづくりパートナーズ)
第2・3回目:橘たか(子ども安全まちづくりパートナーズ)

参加者 16人

レクチャー概要

和光市坂下公民館にて、市民向けの講座「まちの安全点検マップづくり」を3回に渡り行われました。
第1回目は子ども安全まちづくりパートナーズの重根美香氏より「まちの安全点検をしよう〜まちあるきと地図づくり〜」と題して、まちの安全点検マップの説明と事例紹介が行われました。また、坂下公民館地域を管轄する朝霞警察署より周辺地域の事故の発生状況の説明、和光市で活動する和光市地域子ども防犯ネットの活動紹介も同時に行われました。
第2回目は、子ども安全まちづくりパートナーズの橘たか氏とともにまちの安全点検のポイントをおさらいした後に、実際にまちあるきによるデータ収集を行いました。今回は新設小学校建設予定地周辺の「交通安全」に焦点をあて、まちの良いところ、危険なところのチェックが行われました。
第3回目は橘氏とともにマップづくりが行われました。2グループに分かれ、第2回目で集めてきたデータの整理を行いました。地図づくりを通して、「ここはこうしたら良いのではないか?」「ここはこういう場所だよね」と活発な議論も行われました。普段は見慣れている風景だからなかなか良いところが見つからないという意見がある一方で、そこを知らない人から見ると、自然豊かでのんびりとしたすばらしい風景が残っているという良い点が上げられていました。ここで行われた議論はマップの中に「感想」「安全になるためのアイディア」としてまとめられました。最後に橘たか氏より、マップの活用のヒントとなるよう、市民による交通安全活動の事例が紹介されました。

photo4

photo4

photo1

photo2

関連記事