箕輪町 安全安心の日制定(平成26年3月17日)

5月10日、箕輪町安全安心の日制定を記念してセーフコミュニティフォーラムが行われた。
箕輪町安全安心の日は全町民がセーフコミュニティ活動推進のを期する日として5月12日(セーフコミュニティ認証取得日)に制定された。
フォーラムには地域住民およそ350人が集まり、地域・子育てサークル・若手事業者3人より安全安心に関する意見発表や提言がされた。
このうちの箕輪町商工会青年部長の山本勲さんは、若者のセーフコミュニティへの関心度の低さを問題視し「街灯の設置やスクールバスの運行など、目に見えるハード面での取り組みがあれば、若い人たちにも認知されていくのではないか」とアイディアを提案した。

関連記事