群山市 3年後のセーフコミュニティ認証を目指す(平成26年9月17日)

福島県郡山市は今年で市制施行90周年、合併50年を迎えた。
11月に行われる記念式典後のシンポジウムにて市長よりセーフコミュニティ取り組み宣言が行われる。セーフコミュニティ取得には、4年後の東京オリンピックを前に安心・安全なまちづくりに向け活動する姿を世界に発信し、合宿誘致などにつなげる狙いがある。
認証の申請には2年以上の活動が必要となる。郡山市は来年、市民を交えた推進協議会をつくる。各対策委員会などによる事故や事件などの分析・検証を行っていき有効策を練り、3年後の認証取得を目指す。

関連記事