栄区 セーフコミュニティ認証取得から1年、課題とこれから。フォーラム開催(平成26年10月2日)

横浜市栄区は昨年10月にセーフコミュニティの認証を取得、世界では319番目、国内では7番目、行政区としては初めての認証であった。認証から1年、10月4日には1年間の振り返りや今後について考えるフォーラムを開催した。
栄区にとって現在の課題は区民の認知度の低さである。昨年末に行った区民アンケートによると、セーフコミュニティの取り組みや認証取得を知らない区民は8割を上回った。一方、セーフコミュニティに関する出前講座の依頼も少しずつ増えてきている。
こういった事実をふまえた上で区は周知を目的とした冊子も作成した。フォーラムや講座を通して配布し、セーフコミュニティの周知を目指す。

関連記事