2014年度日本建築学会大会(近畿)平成26年9月13日

建築学会重根発表

平成26年9月13日(土)、神戸大学にて「2014年度日本建築学会大会(近畿)」が開催され、統合実装プロジェクトから重根美香(子ども安全まちづくりパートナーズ)が、「住環境意識」のセッションにて研究発表を行いました。

タイトル 2014年度日本建築学会大会(近畿)
テーマ 再生—未来へつなぐ—
会場 神戸大学国際文化学部
URL http://news-sv.aij.or.jp/taikai/2014/

「住民意識調査に基づくセーフコミュニティの地域活動評価」と題し、厚木市で行ったSCアンケート調査の活動評価の一部を発表しました。セーフコミュニティプログラムの評価には「充実度」「重要度」と「参加意向」を用い、その活動を認知する(しっている)だけで評価が高まることから広報活動が重要なもの、1度参加するとリピーターになる傾向が強いことから1回目の参加のハードルを下げることが重要など、活動ごとのアプローチの違いについて述べました。

関連記事