厚木市セーフコミュニティ再認証式典 視察報告

日時: 平成27年11月14日(土)14:30~16:30
場所: 厚木市文化会館 小ホール

厚木市において、7月に行われた現地審査を経て、セーフコミュニティ再認証式典が行われました。第一部のセーフコミュニティ推進自治体シンポジウムでは、パネリストとして青森県十和田市市長の小山田久氏、埼玉県秩父市市長の久喜邦康氏、厚木市市長小林常良氏、ファシリテーターとして厚木市セーフコミュニティ専門員である石附弘氏が登壇されました。行政の最高責任者からみたセーフコミュニティの魅力やセーフコミュニティを推進する上での課題・抱負が議論されました。最後に、セーフコミュニティ推進自治体ネットワークメンバーが登壇し、会長である厚木市市長より決意表明を行いました。15の自治体で安心・安全なまちづくりが行われており、これからも各自治体と協働で取り組むとともに自らの手で自らの力で安心・安全なまちづくりを行なうことを目指していくということで締めくくりました。

IMG_0601

第一部と第二部の間では、厚木市内の厚南幼児園の園児による太鼓の演奏があり、かわいらしくも力強い演奏をお聴きしました。

第二部では、セーフコミュニティ認証審査員としてチョ・ジュンピル氏、白石陽子氏にお越しいただき、国際セーフコミュニティ合意書署名が行われました。チョ・ジュンピル氏からは、「厚木市にはこれからも、セーフコミュニティの一団体として、活動を続けていくことを願っています」とのコメントをいただきました。途中には、応援で厚木市マスコットキャラクターである、あゆコロちゃんも登壇し、会を盛り上げました。

最後の市長からの言葉では、「私たちの暮らしている社会では、人と人との関わりが重要であり、その際にセーフコミュニティという活動による地域協働の安心・安全・元気なまちづくりを皆さんの協力を受けてこれからも続けていきたいと考えております」との決意が示されました。

(文責 三木 聖那)

関連記事